ハローワークは今がお買い得品 2017年度

小学校3年生のこどもへの誕生日プレゼントとして購入。一緒に見てみました。本人もパラパラめくりながら興味がある職業を見つけてはじっくり読んでいるようです。

コチラです♪

2017年01月25日 ランキング上位商品↑

ハローワーク13歳のハローワーク [ 村上龍 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

(取り上げられている職業情報がかなり偏っていて、大人が読むと「なんで○○がないのよぉ〜!」と、軽くイラっときます。気軽に読むと大人でも楽しめる本だと思います。こちらは中学卒業後、どのような道があるのかが書かれており、今年13歳になる息子にとって大いに参考になると思います。これを職業図鑑として使うのは!無理があります。思ったより厚く重い本でしたが!本人はおもしろいと言っていました。今はよくわからなくても、これから進路を迷ったときに手にとってもらえたらいいなと思います。読めない漢字が多く少し難しいようでしたが!職業への関心が高まったようで!良かったと思います。「国語が好きな人」「道徳が好きな人」など興味がある事柄を引くと自分に合った仕事とそれになるための道すじがわかります。喜んですぐに読み始めましたが!残念ながら!彼が興味を持っていた職業!SEの事が載っておらず(有名な職業なのにね)!しかも教科別では!化学が大好きなんだけど!その化学のカテゴリはなくて「理科」という形で!花や実験の事は載っていましたが!やはり化学の事に触れている職業がなく…。この本で概略をつかみ、本当に興味がある職業について更にネット等を利用して調べることでやりたい仕事を見つけてほしいと思います。図書館で借りてみて、「これ、自分が子供の頃読みたかった!」と思ったので中学生の甥と姪に購入しました。中学生になる甥っ子にどうかな?と思って購入。自分の子供の頃に読みたかった。。面白い本でした。つかみは良かったので★4つ!活用してくれるといいな〜子供の高校での推薦もあり購入しました。漠然と進学を考えるのでなく自分の進路の灯火として使ってもらえれば・・・決めるのは本人なので。以前から気になっていたのですが!4月から中学生になる息子のために購入しました。これからもいろいろと悩む事はあると思うのですが彼女と話していて良い本に巡り会えたことが実感できたので☆は5つで。好きな事して生きて行けたらいいなぁっと思い購入 いろんな 仕事があるんだとワクワクしながら読んでかなり、参考になりました。中学生の子供に買いました。高校3年生の娘用に購入しました。ムスコはちょっとがっかりしていました(^^ゞでも、うちの子のなりたい職業にはちょっと弱い本でしたがそれ以外のお仕事(文系のお仕事でしょうか)には役に立つ本じゃないかと思います。早速!息子はページをめくりながら「こんな職業あるんだ〜」「これも面白そう」などと楽しそうに見ていました。受験生なのですが!進学先によってその後の進む道も変わる為!本人なりに色々と悩んでいるようなので!少しでも考える手助けになればと思い購入しました。本のタイトルは13歳ですが!高校生や大人が読んでも面白い!いや参考になる!と思います。何より、どんな職業があるのだろうと子供が興味を持つ意味では、とても良い本だと思います。他人との関わりの中でしか自分は発見できない」という項目には大いに賛同できました。中学生にも読みやすいと思いますが文字ばかりだからかプレゼントした時の感想は「ふーん!ありがとう」という感じでした。これが思った以上の反応を示してくれました。そんな中、この本は職業事典のような参考書として、子供の手元に置いておくと良い一冊だと個人的には思える本でした。本人もどうしていいかわからないと思ってるようだし、仲の良い先達に聞いてみた所この本を薦められました。今後!進路等に迷った時に参考になればいいかなーと軽い気持ちでの購入です。本当に様々な職業が載っているので、「これから先、たくさんの選択肢があるね!まだまだこれから何にでもなれるよ!」と声を掛けたら息子も「そうだね〜」とわくわくした感じでした。なお!本自体は大きめでがっしりとしており図鑑のような感じです。子供の将来の職業の道標になればと思って誕生日のプレゼントに贈りました。何かきっかけを作るのにいいと思います。本人も昔ちょっと見たことはあるようでしたが今回はじっくり読み込んで考えることが出来るでしょう。子供へのプレゼントです。そしてそれに向けて努力してほしいです。本の内容としては、7割がた予備知識として知っていたようですが、新たに知り得たことや、改めて思考したことにより、少し方向性を見出したようです。特に「自分探しの旅に出ても何も見つからない。たくさんの職業があって大人でも関心してしまう内容でした。中学一年生の息子には13歳の進路を買ってみました。自分が子供だった時、こんなにたくさんの仕事があるなんて知らなかったので、甥と姪に「こんなに選択肢があるよ」ということが伝わればいいかなと・・・。『13歳』となっていますが、進むべき道に迷っている高校生にも参考になるようでした。発売当初から気になってはいたものの、手に取る機会もないままでした。届いてすぐに娘が部屋に持ち込んでしまったため私は内容が分からないのですが、きっと娘のためには丁度良い内容だったようです。高校受験が終わったばかりなのにもう先のことを聞かれているようです。また!大人が読んでも面白い記事が多く書かれております。クラスメイトにも「貸して貸して!」とせがまれているようなので、私も読みたいのに一向に戻ってくる気配がありません(汗)が、思春期の中学生たちに夢や希望をもたせるお手伝いがちょっとだけでもできたのかなぁ....なんて、満足してます。内容はザックリした内容で!高校生が進路を考えるには少々物足りない感じでした。大学の学部と職業が直結する学部は限られているとは思いますが!興味がある分野に進学してほしいという思いもあり!職業について解説している本は無いかと探していることろにこの本がヒットしました。「ふーん、こんな仕事があるんだね」程度の感想でした。)子供がいろいろな職業について広く浅く知るための読み物としてはなかなか楽しい本でした。とても面白かったようで!一気に読破したようです。長女は付属の中学校に通っているので普通に過ごしていれば受験せず高校には上がれるのですが!お勉強があまり得意ではなく8年間バレーボールしかやってない彼女の選択肢を少しでも広げてあげられたら....と購入しました。でもこれはすぐ役立つ本ではないのでおばさんのおせっかいでプレゼントするにはいい本だったと思います。ボンヤリと理系のクラスにいる娘ですが、大学の学部選択で困っているようでした。高校生の娘が進路に悩んでいた時に学校の先生からすすめられたそうで!欲しいと言うので購入をしましたが!彼女の中でとりあえず今出来ることが見えてきたようです。読んでみて失敗したと感じるかどうかは人それぞれでしょうし!今の時代は知りたいと思えばいくらでもインターネット等を通じて!調べる手段はいくらでもあると思います。13歳の子が読むのに丁度いい感じかと思います。理系をもっと詳しく載せてくれていれば満点だったのですが…残念です。